スポンサーサイト

  • 2015.08.22 Saturday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    冒険と達成感

    • 2015.06.29 Monday
    • 22:54


    子どもと過ごす毎日は夢中で、あっという間に1週間が過ぎています。

    夜9時ころになると、もうヘロヘロになっています。。。


    子どもができて思うのは、

    一人なら難なくできることも、

    子どもと一緒だと、ひとつひとつが冒険に出掛ける気分だなぁということです。


    初めてベビーカーで買い物
    初めてのお散歩
    初めての児童館

    今となっては、大したことないですが、初めての日はドキドキしました…汗汗


    たくさんの初めてを越えてきましたが、1歳4ヶ月となった今でも、まだまだ初めてばかりです。

    初めてのことは、毎回ドキドキしますが、乗り越えた後には、達成感もあります♪

    そういう意味では、子どもは、私の日常に、ドキドキと達成感をもたらしてくれる存在です。


    RISA

    子育ち、親育ち

    • 2014.11.10 Monday
    • 12:25

    子どもをどのように育てるか・・・

    ひとりの人間を育てるのですから、

    こんなに責任ある、かつ、興味深い仕事はありません。

    初めての大仕事に、色々試しながら挑戦しています。



    私たち夫婦としては、

    健康第一に、

    自分の興味の向くままに、思うように人生を切り開いていってほしいと願っています。



    そのために、親としてどのように関わるのか。

    ひとつ私が肝に銘じているのは、

    親の姿から学ぶことの影響は大きいと思うため、

    まずは、親自らが、あるべき姿で過ごそうと気をつけています。


    「おはよう」「いってきます」「いただきます」「ごちそうさま」「ありがとう」

    人と会ったら笑顔で挨拶し、人との関わりを楽しむ。

    何かしてもらったら「ありがとう」とお礼を言い、自分も相手を思いやる。

    感情は言葉に出して伝える。

    基本的なことばかりですが、「当たり前のフレーム作り」です。

    人生をもう一度生きなおしているような感覚です。




    そして、親の仕事は、何かを教えることよりも、

    自分の興味を、自分のベストのタイミングでtryできるように、

    安全な環境を整えることだと考えるようになりました。


    というのも、先日のこと。

    ハイハイで前に進みたそうにしているので、

    こちらがもどかしくなって、手を出し方、足を出し方など教えるのですが、全く進みません^^;;


    ですが、ある時、テレビのリモコンに向かって、3歩、ハイハイ(ズリバイ)で進んだのです。

    リモコンを手にしたときの嬉しそうな顔!

    ハイハイにしても、つかまり立ちにしても、歩くにしても、

    「やりたい」という気持ちの種は自分の中にあって、

    時期が来ると、自然とその種が芽を出してくるのだと思ったのです。



    子どもが育つとともに、私も育てられている思いです。




    RISA




     

    生活一変!

    • 2014.10.30 Thursday
    • 12:35


    ママになって変わったこと・・・


    1位:生活リズムや食事が一変したこと

    2位:日常のコミュニケーションが増えたこと



    子どもの生活リズムに合わせて生活しているので、

    これまでのような勝手気ままな生活とはオサラバです。


    食べても食べても太らないので、とーっても幸せです^^/

    初めのころ、母に、

    「食事をしたり水分を補給するのは、

    自分のためでなく、赤ちゃんにおっぱいをやるためなのよ。

    それもママの大事な仕事なのよ」

    と言われたことを思い出します。




    また、子どもを連れていると、

    スーパーでレジを待っているときや、マンションのエレベーターの中など、

    「何か月?」「かわいいね〜」

    など、声を掛けてくれたり、あやしてくれたりする方がいるのですが、

    そんなちょっとした、リアルなコミュニケーションが楽しい毎日です^^/




    RISA


     

    くるくる、スポンッ!

    • 2014.09.28 Sunday
    • 22:16



    私の妊娠生活は、

    妊娠後期まで続いたつわりと、

    赤ちゃんは大丈夫だろうか?生きているだろうか?という不安で、

    残念ながら「楽しいマタニティライフ」とは無縁のものでした v v(涙)


    つわりで体重は7kg減り、出産までに8kg増。

    助産師さんには体重管理をほめられましたが、

    里帰り出産の病院の医師には、

    「つわり、辛かったでしょう。入院してもおかしくなかったですよ。」と言われ、

    「あぁ、この辛さを分かってもらえた・・・」と、ホロッと来てしまいました。

    “共感”って大事ですね。。。



    出産は、「安産」だったと思います。

    医学には、「安産」の定義はないそうでして、母親が「安産」だと思えば「安産」なのだそうです。

    私の場合、昔から痛みに弱く、

    ちょっとした痛みで不調を訴えると、家族中から「お姉ちゃん、大げさ!」と言われる始末。



    でも、何事も経験!

    “いつ生まれてもOK”という時期に入ったら、

    毎日、お腹の子どもに「“くるくるスポンッ”と生まれてくるんだよ〜」と声をかけながら、

    自然分娩で乗り切ろうと、自分自身に言い聞かせていました。



    初産なので予定日より遅れるだろうと医師も家族も言っていたのですが、

    予定日の4日前に、”大潮” ”満月” ”爆弾低気圧”という、

    出産が進むといわれる条件(都市伝説!?)がトリプルにそろい、

    なんとなく、「この日に出産が始まるのではないか・・・」という気がしまして、

    前日、力をつけるためにうなぎを食べ、

    翌日、散歩をしていた時に、案の定、破水。

    そのまま入院という流れになりました。



    私の場合、出産は”イメージの力”が大きく影響したと思います。

    「この日かな」と思った日に破水でスタートし、

    「くるくるスポンッ」と言ったら、本当にその通りにスポンッと生まれてきました。



    脳は、現実とイメージの区別がつかず、

    イメージしたことが現実になりますから、

    初めての出産で恐ろしい気持ちや不安でいっぱいになりそうなとき、

    自分の心を、不安のイメージではなく、

    成功のイメージでいっぱいにすることに注力しました。







    分娩室のベッドにたどり着いたとき、

    パッと目に入ってきたのは、ベッドのマットや手を持つ部分のスポンジが削れていたこと。

    分娩で力が入って、あちこち削れてしまったのでしょうね。

    ここでたくさんの妊婦さんがママになったんだと思い、

    ”よし、私も頑張るぞ!”と静かに気合が入りました。



    そして、分娩中は、陣痛のタイミングで、赤ちゃんと力を合わせることに集中。

    「おぎゃー」という産声と、「女の子ですよ」という助産師さんの声で、

    安心と幸せがドバーッと一気に押し寄せました。

    この日から、私はママになりました。





    RISA



     

    7月

    • 2014.07.01 Tuesday
    • 22:56


    今日から7月。

    写真は7月1日の隅田川の水上祭です。


    2014年も後半に入りましたね。

    5月末から、研修のお仕事に復帰させていただきました。

    育児と仕事の両立ができるよう、
    少しずつtryしていきたいと思います。



    RISA
     

    近況

    • 2014.06.04 Wednesday
    • 21:49

    お陰様で、娘も3ヶ月を過ぎ、すくすくと成長しています。

    初めの1ヶ月は、慣れない育児にヘロヘロになってしまうこともありましたが、

    最近は、私も娘も、お互いに慣れてきて、随分楽になって来ました。


    里帰り出産をしましたので、出産前後の4ヶ月ほど、実家で世話になりましたが、

    GW明けに東京に戻り、生活も落ち着いてきました。



    生後3ヶ月の娘ですが、

    たった3ヶ月なのに、「おなかがすいた!」「さみしい!」「楽しい!」などなど、

    しっかりと主張をするんですね。

    独立した一人の人間なのだと感じさせられます。

    これから先、母娘としてお互いに影響しあうでしょうが、

    けっして、私の一部のように扱ったり、私の考えを押し付けたりせず、

    彼女が一人の人間として、自由に、のびのびと、自分の人生を全うできるように、

    サポートしてやりたいと思います。


    私にとって、初めての妊娠&出産&育児体験。

    心に残っていることを忘れないうちに、時々書き記しておきたいと思います。




    RISA


     

    PR

    calendar

    S M T W T F S
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
    << August 2019 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recent trackback

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM